心石工芸のものづくり

KOKOROISHI KOUGEI

– 私たちが大切にしていること –

Aging gracefully

素敵に歳を重ねるソファ

私たちは、自分が気に入ったソファを、末永く使ってもらいたいと考えています。

長期間使える耐久性はもちろん、愛着が湧き大切にできるかということも重要です。製品の耐久性は、構造材やクッション材の質によって左右されるので、実績ある材料できちんと作れば、耐久性あるソファはできます。ただそれだけでなく、長く使った時にそのソファが愛着を持てる、大切なものであって欲しいと思っています。

それには、飽きないデザインであることと、素敵に経年変化する素材であることが大切です。ソファのデザインにも流行り廃りがあり、10年経つと時代遅れのようなデザインに見えてしまうソファもあります。末永く使うソファだからこそ私たちは流行を追わず、時代を越えて残るスタンダードな形であることに気をつけてデザインしています。また、素敵に経年変化していくことも大切です。ビニールレザーは気楽に使えて便利ですが、傷んできた様子が素敵とは言えません。オイルだけで仕上げた木材は、水の染みが付きますが、傷んだ様子も格好良いなぁと思います。ソファの張り地もこれらと同様に、経年変化が素敵だと思えるものを選んで提案しています。

使う人と一緒に、素敵に歳を重ねる。そんなソファを作って、心豊かな毎日を提供できたら嬉しいです。

Live with contentment

心豊かに暮らす

心豊かな暮らしとは、どんな暮らし方でしょうか? 毎日の暮らしの中にある、ちょっとした心地よさが、心豊かに暮らすために必要だと、私たちは考えています。 自宅に帰った時に、座り心地が良いソファが待っている。心地いいソファがお気に入りのリビングを飾っている。肌触りの気持ち良い素材に包まれてうとうとする。そんなちょっとした幸せを大切に思っています。

使い勝手が良く、座り心地が良いソファには、家族や友だちが集まります。その場所で交わす会話や一緒に過ごす時間はかけがえのないものです。過ごした時間が刻み込まれながら、素敵に経年変化していくソファで、心豊かに暮らす。そんなソファを作ることで、お客さまに喜んでもらえたら、私たち自身も仕事にやりがいを感じ、心豊かに働くことができます。

KOKOROISHI’s philosophy

KOKOROISHIのものづくり
ページトップへ戻る