LEATHER / KZ

– KZ –

KZ

植物性タンニンとクロムとの混合鞣し革です。クロム鞣しのやわらかさと、植物性タンニンのしなやかさが合わさって、コシのある特徴的なやわらかさと丈夫さを兼ね備えた革になりました。フルグレインと呼ばれる銀面を残した耐久性の高い革で、革本来の傷跡も残っています。表面はウレタンコーティングされているので、革のお手入れは基本的には不要です。明るい部屋で使用しても、色は褪せにくく汚れにくいです。表面のウレタン塗装が、長年の使用によって劣化しひび割れてきたら張替えが必要です。

KZ #422
KZ #424
KZ #436
KZ #451

革の特徴

【混合なめし・顔料仕上げ革】
■原産国/日本(兵庫)
■鞣し方法/タンニン+クロム
■原皮/北米

天然素材ならではのいいところ、悪いところを含めてお付き合いください。

  • 染め仕上げのような革らしい風合い
  • 革本来のキズがそのままある
  • 色が褪せにくい
  • 場所によって、シボの表情、シワの出方が違う
  • 汚れがつきにくい
  • お手入れが簡単
  • 汗を吸わない

経年変化

使い込むほどに革の表面が滑らかになり艶が出てきます。 肌触りを良くするため、柔らかく仕上げているので、革が伸びやすく、シワが出やすいです。 表面のウレタン塗装が長年の使用によって劣化すると、ひび割れてきます。

お手入れの方法

【顔料仕上げ革】表面をウレタン塗装が保護しているので、通常は週1回乾拭き程度の簡単な手入れで大丈夫です。 手垢がついた場合は、ぬるま湯で絞ったタオルで拭いて下さい。その後水分を取るように乾拭きをして下さい。

【革用クリームについて】塗装膜が革を保護しているので、メンテナンスのクリームなどは染み込みません。 クリームの種類によっては相性が悪く、塗装膜を劣化させる可能性があるので、 基本的には使用しないで下さい。 クリーナーなども同様です。クリーナーの種類によっては、溶剤や研磨剤が入っている場合があり、表面は 綺麗になることもありますが、塗装膜を痛めることになり、耐久性が落ちてしまうのでおすすめしません。

革の種類

革は鞣し方や仕上げ方法などによるつくり方によって、革の表情やお手入れ方法が変わってきます。あなたらしい革をお選び下さい。

ページトップへ戻る