LEATHER / NUME

– ヌメ革 –

ヌメ革

革本来の風合いを生かした、やわらかい素肌のような革です。きめ細かい肌触りをそのまま味わうことができます。天然のタンニンのみで鞣された革で、革中のタンニン成分が酸化することで革自体が淡褐色に近づく事や、使ううちに人からでる皮脂や汚れが染みこむことで、特徴ある風合いの変化がおこります。日の当たる場所で使用すると色が褪せていきます。天然素材ですので、革本来のキズやシミがあります。

ヌメ革
ヌメ革 #経年変化2年

革の特徴

【植物性タンニン鞣し革】
■原産国/日本(東京)
■鞣し方法/タンニン
■原皮/日本

天然素材ならではのいいところ、悪いところを含めてお付き合いください。

  • 革本来のきめ細かい肌触り
  • 革本来のキズがそのままある
  • 使い込んで風合いが変化する
  • 薄い肌色から飴色に変化する
  • 吸湿性がある

経年変化

表面に一切のコーティングをしていないため、水などがかかった場合にはしみになり、使っていくうちに手垢がつきます。また、薄い肌色からアメ色に変化しますが、陽のあたる場所では、タンニン成分が抜け白くなっていきます。(耐久性には問題ありません)

お手入れの方法

【耐久性の向上について】基本的には空拭き程度の簡単な手入れで大丈夫です。革の耐久性を維持するため、年に1~2回程度オイルを塗って下さい。適度な油分を加えることで、革の傷み具合が軽減され、耐久性が向上します。

【防汚について】レザーケアキットを定期的に塗ることである程度の防汚効果があります。また、クリーナーと併用することで、ある程度の汚れを軽減することもできます。

革の耐久性を維持するために

KOKOROISHIオイルレザー(KWランク)を鞣すときに使用しているオイルと同じ成分を使ったメンテナンスオイルです。耐久性を維持するためにご利用頂くオイルです。防汚効果はありません。

詳細を見る

できるだけきれいに使いたい方へ

撥水、撥油効果があります。お手入れに不慣れな方でも取り扱いやすいキットです。手垢等の汚れを落とす「クリーナー」、革の表面を保護する「ワックス」がセットになっています。

詳細を見る

革の種類

革は鞣し方や仕上げ方法などによるつくり方によって、革の表情やお手入れ方法が変わってきます。あなたらしい革をお選び下さい。

ページトップへ戻る