LEATHER / SS

– SS –

SS

タンニンとクロームの混合鞣しの革です。クローム鞣しのしなやかなやわらかさを持ち、それに加え、タンニンをたくさん含ませることで、ヌメ調に仕上げ、使えば使うほど風合いある革になります。フルグレインと呼ばれる銀面を残した耐久性の高い革ですが、表面を削っていないため、革本来の傷跡も残っています。日の当たる場所で使用すると色が褪せていきます。汚れやシミ、キズも付きますが、使う度に自分に馴染んでいくのが感じられます。

SS #321
SS #325
SS #336
SS #338

革の特徴

【混合なめし・染料仕上げ革】
■原産国/日本(兵庫)
■鞣し方法/タンニン+クロム
■原皮/日本

天然素材ならではのいいところ、悪いところを含めてお付き合いください。

  • 肌触りが良い
  • 革本来のキズがそのままある
  • 使い込んで風合いが変化する
  • 色がまだらになる
  • 吸湿性がある
  • 色あせる
  • 色が服に移る場合がある(湿気や強く圧力のかかる場合)

経年変化

表面をオイルワックスでコーティングしておりますが、薄塗り仕上げのため手垢がつきます。また染料は色あせしやすく、陽のあたる場所や明るい部屋では短期間で白っぽくなります。(耐久性には問題ありません)

お手入れの方法

【耐久性の向上について】表面をワックスが保護しているので基本的には空拭き程度の簡単な手入れで大丈夫です。革の耐久性を維持するため、年に1~2回程度オイルを塗って下さい。適度な油分を加えることで、革の傷み具合が軽減され、耐久性が向上します。

【防汚について】蜜蝋ワックスを定期的に塗ることである程度の防汚効果があります。

耐久性を維持する、基本的なメンテナンス

KOKOROISHIオイルレザー(KWランク)を鞣すときに使用しているオイルと同じ成分を使ったメンテナンスオイルで。耐久性を維持するためにご利用頂くオイルです。防汚効果はありません。

詳細を見る

耐久性を高め撥水効果を持たせたい方へ

撥水性ある蜜蝋成分が革の表面に膜を作り、水分の染み込みを遅らせ、水性の汚れが革に染み込むのを軽減します。また、蜜蝋は摩擦による傷みを軽減し革表面の耐久性を高めます。

詳細を見る

革の種類

革は鞣し方や仕上げ方法などによるつくり方によって、革の表情やお手入れ方法が変わってきます。あなたらしい革をお選び下さい。

ページトップへ戻る