REVIEWS

- お客様の声 -
HILL
MOLLES

愛着ある家具に囲まれて

198カウチ
低く博士ソファ_HILL(ヒル_)_グレー、グレージュのレザーソファ_本革

無垢のフローリングに壁面は漆喰。素材感あふれるご自宅に家具をお届けしました。

Yさんがイメージしていたソファは、美術館によくある背もたれがないベンチのようなソファでした。でも家でくつろぐには、背もたれがある方がリラックスできると考え、低いソファを探し始めたそうです。

低く博士ソファ_HILL(ヒル_)_グレー、グレージュのレザーソファ_本革

ソファの後ろは、玄関からキッチンへ行くメイン通路です。ソファが低いと、1mほどの通路もゆったりとしたスペースに見えます。98cmの少し大きめの奥行きも、低く奥行き深いソファが配置されることで、広く感じる家になりました。

しっとりした革の質感

選ばれた革は染料革のグレージュ(WL907)です。「この革にして、本当に良かった。」とYさんは革を撫でながら、言っていました。

低く博士ソファ_HILL(ヒル_)_グレー、グレージュのレザーソファ_本革

しっとりとした肌触りは、WLランクの特徴です。革色は透明感があり、染料革ならではの風合いです。 明るい床に合わせると、少し濃く見えて丁度いいです。

低く博士ソファ_HILL(ヒル_)_グレー、グレージュのレザーソファ_本革

お届け時の革の状態も美しいですが、これから使っていくうちに、傷、染みもついていきます。少しずつですが、紫外線に当たると、色も褪せ白くなってきます。周りの骨董家具と一緒に味わい深くなっていくことが楽しみですね。

低く博士ソファ_HILL(ヒル_)_グレー、グレージュのレザーソファ_本革

革張りのダイニングセット

色もデザインも違う革のダイニングチェアです。少し遊び心があって、Yさんの自宅にはよく似合います。

低く博士ソファ_HILL(ヒル_)_グレー、グレージュのレザーソファ_本革

実は最も悩んだのはテーブルの脚の色です。革は染料タイプのSS336です。周辺の家具や素材が経年変化していくものばかりですので、革の素材も同じものを選びました。

低く博士ソファ_HILL(ヒル_)_グレー、グレージュのレザーソファ_本革

ダイニングチェアはウォールナット材にし、テーブルはブラックチェリー材です。
テーブルはこれから少し赤みが増してき、チェアは紫外線に当たり、白っぽくなってきます。そうなると、丁度いい色の組み合わせになりそうですね。

低く博士ソファ_HILL(ヒル_)_グレー、グレージュのレザーソファ_本革

安らぎを感じる場所

Yさんの家の家具は、どれもずっと昔から使っているものばかり。

低く博士ソファ_HILL(ヒル_)_グレー、グレージュのレザーソファ_本革
<さりげなくあるアンテーク家具>

その場にいるだけで、どこか安らぎを感じます。

低く博士ソファ_HILL(ヒル_)_グレー、グレージュのレザーソファ_本革
<これから味わい深いなっていくダイニングチェア_TENON-Fチェア>

「実際に作っている人から、ソファを買えることは私にとっては別の価値がありました。ものづくりに詳しい人から、直接買えたことはとても良かったです。」とおっしゃっていたYさん。とても、嬉しいお言葉です。

低く博士ソファ_HILL(ヒル_)_グレー、グレージュのレザーソファ_本革

思い入れのある骨董品や作品達、新しい家具も家族の歴史が刻まれることかと思います。
どうぞ、末永くご愛用ください。

写真・文章:兼田

HILL

大地のように広く、丘のように低く

家族でピクニックにきているように、家族みんなでゴロゴロとくつろぐ。そんな景色を自宅のリビングでも。 スタイリッシュな見た目と、リラックスできる機能とを兼ね備えている。 お部屋の中央に置かれることの多いソファは、空間を仕切らない実用的な低さが大切。

HIBIKI・KOKOROISHIソファ
HIBIKI・KOKOROISHIソファ
HIBIKI・KOKOROISHIソファ
HIBIKI・KOKOROISHIソファ
HIBIKI・KOKOROISHIソファ

HILL

レビュー/メンテナンス
ページトップへ戻る
ja日本語
en_USEnglish ja日本語