HIBIKI/心石工芸のソファ

造りつけソファモダンに暮らし、ゆったり座る

ボリューム感あるクッションのソファを、広く開いた脚元が軽く見せ、部屋での圧迫感を軽減します。広めのカウチは一人でゆったり、お子さんとなら二人で寝転ぶこともできます。幅の広い肘に腰掛けたり、多様な使い方ができるソファには、いつも家族が集ってきます。

造りつけソファの5つのポイント

1.リビングを広く

ソファを壁際に置くと、部屋の中央に空いた空間が生まれ、リビングを広く見せることができます。四角くない変形した部屋の隅は家具を置けないスペースになりがちです。変形オーダー可能なソファは、あらゆる場所を寛げる場所に変えられます。

2.造作ソファでも座り心地がいい

これまでの造り付けソファは、座り心地が良いものが少ないと感じています。品質の高いバネやウレタンを使いソファ専門メーカーのノウハウで作れば、リビングの居心地が良くなります。

3.壁面を活用するのでその分コスパがいい

通常ソファは、座面、背もたれがありますが、こちらのソファの背もたれは壁面を活用します。そのため、背もたれがありません。背もたれがない分、資材コストがカットでき、通常のソファよりコストを抑えることができます。

4.替えカバーやクッション交換ができる

長年使い、クッションカバーが傷んでしまった、クッションがへたってしまった、という時にご連絡いただければ、新しい替えカバーやクッションをお届けします。オーダーサイズのソファですが、お客様管理をしていますので、ご安心ください。

5.多彩な色数と種類がある、革と布

革は本来の表情を残している薄化粧の良質なものから、コストパフォーマンスを重視したものまで幅広く揃えています。布はコットンやリネン、ウールなど天然繊維を含む、手触りのいい生地を、日本・ヨーロッパ・アジアから調達しています。

選べる3つのスタイル

ソファ商品一覧に戻る

SEDILE使いにくい部屋の片隅を、快適な場所に

変形している部屋の角や窓際のデッドスペース。置き家具だと使い辛い、スペースをもっと有効につかいたい。その隙間を埋めるように、クッショ ンがあれば、あなたの毎日の暮らしはもっと豊かになります。SEDILE の意味は「座席」。きっとあなたが心地よく「座る席」になります。

壁際のデッドスペースにもぴったり収まる。
座面の下はH17cmの収納スペース。
座面は固めの座り心地。
座板を持ち上げる時は革のツマミが使って。
ソファの修理・張替えはヌメ革の刻印の日付をお知らせください。
色違いのクッションを置いて、お気に入りのインテリアコーディネートを。

EST造りつけでも、ゆったりとした座り心地を

たっぷりと贅沢に使用しているフェザーが、あなたの体をやさしく包み込んでくれます。「そこにある」。これがEST の意味です。ソファらしくスタンダードなデザインは部屋に溶け込み、いつもあなたそばにいてくれます。

フェザークッションに包み込まれる座り心地。
背クッションの後ろには角度を作ってくれるバッククッションを置いて。
背もたれは壁を活用することで、浅い奥行きのソファに。
搬入しやすいように脚は取り外すことができます。
ソファの裏側にはヌメ革の刻印で誕生日が記されています。
別注でUSBコンセントを取り付けることも可能です。

CONTENTS

レビュー/メンテナンス

    各項目にご入力お願いします。

    お名前
    ふりがな
    お電話番号
    メールアドレス

    ※携帯・スマートフォン(au、docomo、softbank等)などのキャリアメールアドレスには届かない恐れがあります。

    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地
    お問い合わせ内容

    図面をお持ちの方はこちらからアップロ-ドお願いします。

    入力内容を確認してお間違いがなければ、左のボックスをチェックしてください。

    お問い合わせ
    ありがとうございます。

    3営業日以内に担当者より連絡させていただきます。

    稀にメールのお返事が届かない場合があり、担当者より連絡がない場合、お手数ですがこちらまでお電話頂ますようお願い致します。

    • 広島本社SHOP
    • TEL:084-933-3335
    • 担当:森安(もりやす)
    • 東京神宮前SHOP
    • TEL:03-6459-2914
    • 担当:兼田(かねだ)

    是非、こちらも御覧ください。

    • FACEBOOK
    • INSTAGRAM
    • BLOG
    ページトップへ戻る