TSUMUGI WOOD/心石工芸のソファ

TSUMUGI WOODツムギウッド良質な素材は時代を超える

一般的なソファには使われないレベルのダウンフェザーをたっぷり使い、耐久性の高いクッション材との組み合わせで、他にはないしっとりとした座り心地を実現しました。体の形に変形してくれるフェザークッションは、そこから動きたくないほどの座り心地です。
3PW 革:KW13
肘は無垢材です。立ち上がりしやすい高さとして。
体を包んでくれる、ダウンフェザー100%の背クッション。
沈み込む柔らかさ。
奥行きの深さは50cm。
フェザーがたっぷり入った座面。
木の肘はテーブルや収納として。
革の肘にも。(TSUMUGI)
2P W1940 布:サラナ01
背面
側面
くたくたになっていくクッション。
  • TSUMUGI-WOODの特徴1

    沈み込む、やわらかい座り心地

    体をやさしく包み込んでくれる座り心地です。フェザーの量やウレタンの硬さと厚み、その絶妙なバランスで設計しています。柔らかい座り心地ですが、体を支えてくれるので、疲れない、深みのある座り心地です。

  • TSUMUGI-WOODの特徴2

    革と木の組み合わせ

    無垢材のオイル仕上げです。サイドテーブルとして使える木の肘。コップを置いた時、輪染みができてしまったら、セルフメンテナンスでまた綺麗な状態を保つことが可能です。ウォールナットとオークからお選び頂けます。

  • TSUMUGI-WOODの特徴3

    革の肘にも

    肘は革のタイプも選べます。肘の革に寄り掛かれる、安心感。手を置いた時に触れる場所が革だと、その質感を楽しむことができますね。

MORE

  • TSUMUGI-WOODの特徴4

    ソファのお手入れを簡単に

    柔らかいソファはへたりやすいと思われがちです。いい素材を使うことで、ヘタるスピードは抑えられますが、ゼロにはなりません。10年.20年と使って頂きたいので、お手入れ方法も手軽にできた方がいいです。中身(クッション)だけの交換、ウレタンの追加も簡単にできるように作ってます。

  • 価格
  • サイズ
  • 張地(革)
  • 張地(布)
  • 3PW

    TSUMUGI WOOD_3PW_
    ¥848,100¥1,246,300(税込)
    ¥584,100¥766,700(税込)

    3P

    TSUMUGI WOOD_3P_
    ¥766,700¥1,130,800(税込)
    ¥526,900¥705,100(税込)

    2P

    TSUMUGI WOOD_2P_
    ¥694,100¥1,023,000(税込)
    ¥480,700¥643,500(税込)
    「価格一覧」を見る
  • 良質な革ほど表面の仕上げが薄く、革本来のキズやシミが残っています。しっとりとした肌さわりや、使っていくうちに、革らしい風合いの変化が起こります。また、革のグレインと呼ばれる、革の繊維構造の中で一番丈夫な部分を残すことで、より耐久性の高い革に仕上がります。

    WM / WL

    手に吸い付くような肌触りにスタイリッシュな色合い

    WLWM907
    WL907
    WLWM104
    WM104
    WLWM908
    WL908
    WLWM117
    WM117
    WLWM903
    WL903
    KW

    人と一緒に変化していく「革らしさ」を楽しみたい方に

    KW21
    KW21
    KW25
    KW25
    KW36
    KW36
    KW13
    KW13
    ヌメ革

    素肌の牛革にしかない「風合いの変化」を堪能したい方に

    ヌメ革1
    ヌメ革1
    SS

    混合なめしの丈夫さと、「色褪せる様子」を楽しみたい方に

    SS325
    SS325
    SS338
    SS338
    KZ

    革らしい見た目でノーメンテナンスのセミアニリンレザー

    KZ422
    KZ422
    KZ424
    KZ424
    KZ436
    KZ436
    KZ451
    KZ451
    MO

    柔らかい肌触りでノーメンテナンスのセミアニリンレザー

    MO573
    MO573
    MO583
    MO583
    MO536
    MO536
    MO513
    MO513
    MS

    メンテナンスフリーで「コストパフォマンス」を求める方へ

    MS154
    MS154
    MS124
    MS124
    MS136
    MS136
    MS113
    MS113
    「革へのこだわり」を読む
  • 布によって肌触りや織りのデザイン、色は様々です。機能的にすぐれた布もあります。あなたの暮らしに合う張地をどうぞお選び下さい。

    ウール

    汚れにくい天然素材。使うたびに滑らかになります。

    ウール35
    ウール35
    ウール19
    ウール19
    ウール47
    ウール47
    リディ・フランシス

    ソファを上品で魅力的にしたい方に。汚れも目立ちにくいです。

    フランシス112
    フランシス112
    リディ111
    リディ111
    リディ112
    リディ112
    メリノス

    使うほどに柔らかくなっていく布。奥行きのある表情で、ソファを上品に見せたい方に。

    メリノス1
    メリノス1
    メリノス47
    メリノス47
    メリノス10
    メリノス10
    メリノス48
    メリノス48
    メランジ・ラムース

    引っ掻き傷に強く、水洗いもOK。ペットを飼っている方に。

    メランジKM1479
    メランジKM1479
    ラムースKR0309
    ラムースKR0309
    ラムースKR0306
    ラムースKR0306
    メランジKYM007
    メランジKYM007
    ラムースKR0048
    ラムースKR0048
    サラナ

    オールシーズン気持ちいい。厚みがあり、耐久性ある生地をお探しの方に。

    サラナ01
    サラナ01
    サラナ03
    サラナ03
    サラナ35
    サラナ35
    和紙

    和紙は天然の抗菌、防臭性があり、引っかきに強く丈夫な布地。ペットがいる方に。

    和紙2
    和紙2
    和紙3
    和紙3
    和紙4
    和紙4
    プリモ

    厚みがあって、ソファを柔らかい表情にします。毛足の長い生地は汚れが付きにくい。

    プリモ01
    プリモ01
    プリモ03
    プリモ03
    プリモ06
    プリモ06
    プリモ35
    プリモ35
    ルナ

    上品な光沢感としっとりした布質が特徴の平織の生地です。

    ルナバーク
    ルナ バーク
    ルナスチール
    ルナ スチール
    ルナチャコール
    ルナ チャコール
    ハム

    合成繊維ならではの、丈夫さ。鮮やかな色をお探しの方に。

    ハム フロンティア
    ハム フロンティア
    ハム スピンネーカー
    ハム スピンネーカー
    ハム ジェロニモ
    ハム ジェロニモ
    リベルノ

    柔らかく起毛されて心地良い手触りです。軽くて丈夫でシワになりにくい布。

    リベルノ19252
    リベルノ19252
    リベルノ18731
    リベルノ18731
    リベルノ18672
    リベルノ18672
    リベルノ18701
    リベルノ18701
    リベルノ16129
    リベルノ16129
    「布へのこだわり」を読む

STORY / 開発物語

今だからこそできるソファを /
紬 -TSUMUGI- が誕生するまで

東京で初めての期間限定ショップを

東京で期間限定ショップを開催することになった前年の2012年。

東京にはヨーロッパブランドのソファがたくさんあり、その一流品と見比べても恥ずかしくないようなソファが作れることを見てもらいたい。そんなモデルを目指そうと開発が始まりました。

本場ヨーロッパにも負けない品質を

木枠はすべてヨーロピアンビーチ材。フェザーは本場ヨーロッパのメーカーが使用するより上の「ダウンフェザー」グレードを使用。

ウレタンもコスト度外視で、何十年も使える高い密度のウレタンを使うことに決めました。

長年使うと型崩れの原因になる肘外のウレタンも高い密度のものに。

素材と向き合う

ソファに新しい素材を使う時は、素材選びから始まり、試作が繰り返されます。実際に作って、調整し、使って、修正する、の繰り返しです。

どの様に組み合わせると、目指す座り心地になるか、お客さんからみても使いやすいソファか。

出来る限りの事を考え、ようやく「これだ!」と想えるソファができ上がりました。

後々のロングセラーモデルを目指して

いい素材を使うと、ソファはより長く使うことができます。

長く使ってもらえるように作るのは、中身も大事ですが、見た目も大事です。目指したのは「普通のデザイン」です。そんなデザインは、20年、30年経っても飽きさせません。

こうしてロングセラーモデルであった「リポーズ」がリニューアルされ「TSUMUGI」が完成されました。

CONTENTS

レビュー/メンテナンス
ページトップへ戻る