職人さんの道具箱

職人さんの道具箱■バックナンバー

第11回 上張り 大垣誠 職人歴20年 第11回 上張り 大垣誠 職人歴20年
いす張り一級技能士試験で、なんと最優秀に輝いた、大垣さん。
自分にも人にも厳しい姿勢と、品質へのこだわり、時間の意識の仕方、ソファへの情熱、どこをとってもやはり一級!
若い職人さん達のあこがれの存在でもあります。大垣スマイルも必見です。
第10回 事務 小金英里佳 職人歴2年 第10回 事務 小金英里佳 職人歴2年
職人さんのための工程表となる伝票作り、納期の調整、布の発注、納品書作り、請求書作り、布・革見本帳の発送、電話対応、経理、などなど事務の仕事は山ほどあります。その山ほどの仕事をさくさくこなす、’えりー’こと、小金さん。
「アクリル王国」の中心となる頼もしい存在です。
第9回 裁断 伊藤智子 職人歴2年 第9回 裁断 伊藤智子 職人歴2年
半年前に最新!の裁断機、CAMを導入して以来、
「(通称)CAM男」を使いこなす若きエース伊藤ちゃん。
「便利な機械だけど、使うのは人だから、知識を増やしたり、勉強することは欠かせないかな。」と謙虚に言った後に、重い原反をひょいとかかえる姿が印象的です。
第8回 下張り 岡田廣光 職人歴6年(?!) 第8回 下張り 岡田廣光 職人歴6年(?!)
職人歴がナゾ(?!)の、岡田さん。
毎日違うモデルを張るので、扱う素材も自然と毎日違ってきます。
道具を使い分け、素材を使い分け、今日も新人(?)の岡田さんは下張りをしています。
第7回 設計 前田宝紀 職人歴3年 第7回 設計 前田宝紀 職人歴3年
特注・別注の注文が入ったら、そのほとんどを担当し、図面を書き上げる、前田くん。一生懸命書き上げた図面も、「いいものを作りたい」という想いから職人さんは容赦なく変更、変更を申し出ます。
クール!な頭脳の持ち主。今日も現場には前田くんの図面が流れます。
第6回 下張り 柳原富喜 職人歴32年 第6回 下張り 柳原富喜 職人歴32年
難しい注文が入ったら、まずは柳原さんに相談!というくらい、みんなからの信用が厚い柳原さんの道具箱。試作が出来上がったときに「こいつは売れるな」そう言われたソファは必ず売れっ子になる!?という伝説の持ち主。
あふれる知識をひけらかすことなく、ひょひょいと作業をこなします。
第5回 縫製 川本かおり 職人歴11年 第5回 縫製 川本かおり 職人歴11年
ほんわかした雰囲気で、縫製の工程を管理する川本さんの道具箱。
ソファ製造の工程の中で、一番細やかな作業が要求される、縫製。
「縫う、と一言で言っても、深いんだよ~。」と軽ーい調子で言いながらもすごいスピードで縫いすすめています。
第4回 型出し 森安一 職人歴11年 第4回 型出し 森安一 職人歴11年
ソファの仕上がりを大きく左右する重要な「型出し」。
すべての工程を深く理解していないと、型出しは出来ません。
裁断縫製の女性を魅了する、やさしき型出し名人、森安くんの道具箱。
第3回 上張り 岡田高幸 職人歴6年 第3回 上張り 岡田高幸 職人歴6年
俊敏な動きで残像しか見たことがない人もいるとかいないとか?!
上張りだけでなく、バネ打ち・検品・出荷・工程管理、、
と、あらゆる工程を担当している岡田くん。
「品質」には厳しいが、「人」には優しい、癒し系の若手職人、岡田くんの道具箱。
第2回 木工 宮田住雄 職人歴42年 第2回 木工 宮田住雄 職人歴42年
創業から心石工芸を支えてくれている、頼れるアニキ、宮田さんの道具箱。
「手だけ動かしているように見えるけど、頭を使っとんで。」
と言いながら、木工機械を次から次へと使いまくり、動きを止めない姿、現役バリバリです。
第1回 革裁断 池田ムツコ 職人歴25年  第1回 革裁断 池田ムツコ 職人歴25年
入社して、ずーっと革の裁断を担当している、看板娘(?!)池田さんの道具箱。
「革は、一枚一枚違うの。生き物だからね。」
と言って、革を見る目は今日も真剣です。

SHOPS

FACTORY
FUKUYAMA
TOKYO