REVIEWS

- お客様の声 -
ZEN-WOOD

オットマンで作るL字ソファ

3PW,KW36,オットマン
ZEN-WOOD(ゼンウッド)オットマンと組み合わせるカウチソファ

関東有数のサーフスポット、釣ヶ崎海岸近くにあるご自宅へソファをお届けしました。

気に入ったものを使うこと

お届けしたモデルはZEN-WOOD(ゼンウッド)です。KOKOROISHIのモデルの中で最も奥行きが深い、重厚感あるモデルです。

ZEN-WOOD(ゼンウッド)オットマンと組み合わせるカウチソファ

都内在住のAさん。ご自身がサーフィンする際、こちらに滞在するそう。「どうせなら、気に入ったものを置きたい。」とおっしゃっていました。
神宮前SHOPで座り心地を選んで頂いた際、あまり迷うこともなくZEN-WOOD(ゼンウッド)で座って、暫くくつろいでいた様子を思い出します。

オットマンで作るL字ソファ

リビングはリラックスしくつろげること、複数人集まった時に憩いの場所になるように、オットマンを置きました。

ZEN-WOOD(ゼンウッド)オットマンと組み合わせるカウチソファ

オットマンの使い方は、2人であれば、ソファにどちらも座ることができ、一人はオットマンに足を投げ出して、カウチソファのような使い方ができます。人数が増えた時は、オットマンをソファから離し、ソファでくつろぐ人、オットマンに腰掛ける人がいるという使い方ができますね。L型のカウチソファと比べて、フレキシブルな使い方ができるのもオットマンの魅力です。

革の傷も本革の証

選んだ革はオイルレザー(KW36)です。シミや汚れがつきますが、それも味わい深くなる革です。染料革特有の変化の一つには、紫外線に当たると色あせもあります。色が褪せると、お届けした時には目立ちにくかったシミ跡が浮き出てくることも。

ZEN-WOOD(ゼンウッド)オットマンと組み合わせるカウチソファ

これは、牛が生きていた時についたシミです。私達人間にもある、ほくろやシミと同じようなものですね。色があせていくとこのように浮き上がってきます。

他にも経年変化として、シワや血筋の跡が表れてきますが、それは良い革の証拠です。革の銀面(表面の最も丈夫な場所)を削っていないので浮き出る表情です。

建築素材も風合いが増していくものを

無垢材のフローリングに、モルタルの壁面。使用している素材だけをみても、こだわりが伺えます。「家も家具も資産の一つと考えています。」お話していたAさん。

ZEN-WOOD(ゼンウッド)オットマンと組み合わせるカウチソファ

汚れや傷つきやすいですが、その変化も価値ある変化と捉えていらっしゃるのですね。

光を感じながら一日を過ごすこと

朝日で目を覚まし、日中はダイニングの窓から太陽の光が燦々と入ってきます。夕方のテラスには、山の稜線に落ちる夕日を望めれらるそうです。

ZEN-WOOD(ゼンウッド)オットマンと組み合わせるカウチソファ

休日はこの場所でサーフィンし、時間を忘れて一日中家で過ごすのも贅沢ですね。

ZEN-WOOD(ゼンウッド)オットマンと組み合わせるカウチソファ
<ウッドデッキからの生い茂る緑と外房の海>

写真:A様
文章:兼田

ZEN WOOD

流行を追わず存在感を放つ

次の定番になるために。リビングに存在感のあるソファを置くことで、その空間がぐっと上質な雰囲気に。奇抜なフォルムや色使いではなく、素材の迫力から醸し出される存在感は時代を超えて残る定番となっていくでしょう。分厚い広葉樹を贅沢に使った木の肘は、ZENソファの安心感の象徴です。クッション材や内部構造だけでなく、決して流行を追わないデザインにおいても、ずっとリビングにいて存在感を出し続けるソファです。

詳細を見る
ZEN・KOKOROISHIソファ
ZEN・KOKOROISHIソファ
ZEN・KOKOROISHIソファ
ZEN・KOKOROISHIソファ
ZEN・KOKOROISHIソファ

ZEN WOOD

レビュー/メンテナンス

OTHERS

Others
お客様の声一覧はこちら
ページトップへ戻る
en_USEnglish
ja日本語 en_USEnglish