Message from supply partners.

– 仕入パートナーからのメッセージ –

コア技術を転用、協業で芽生えた新しい価値

伝統工芸 代表取締役の服巻さん

優しくて温かみのある家具をつくる伝統工芸(広島)

家具の産地・広島県府中市を拠点として、オリジナル木製家具や木製フレームの製造を手がける伝統工芸。無垢材の温かみや、丸みを帯びた優しい曲線で、つい触りたくなるデザインが特徴です。細くて強度のある額縁をつくる技術を応用して、心石工芸と協業でソファ開発にも携わっています。

伝統工芸にとっての心石工芸とは。代表取締役の服巻さんにお話を伺いました。

少しずつ変革させた、ものづくりへの関わり方

大量受注したものを、とにかく納期に合わせて大量生産する。過去のものづくりへの関わ り方は、そんな感じでした。主要取引先との取引を最優先していたからです。しかし、取引条件が何度も改悪されたために、最終的には売上高に最も貢献していた企業との取引を思い切って打ち切りました。ここが転換期となり、ものづくりへの関わり方も少しずつ変わっていきました。勉強会に参加したり、商品開発に挑戦したり、積極的に自分たちの頭で考えて、手を動かすようにしました。

心石工芸のものづくりを意識するようになって、自然とそうなったのかもしれません。しばらくして、自分たちのコア技術は他にも転用できる、そう確信するようになりました。

強度と美しさを追求したSUNの三方留め

SUNのフレームには、三方留めという技術が用いられています。美しい外観と高い強度を追求した仕様で、接合部分の作り込みには高い精度が求められます。フレームのガタつきを無くし、ソファとしての長年の使用に耐えうるためには、木材の伸長率を考慮した素材の調整・処理が必要で、総じて高い技術力が要求されます。

これまで取り組んできた額は、観賞用。人が座るフレームとは違います。初めて心石工芸と取り組んだSUNの開発では、耐久テストをして、壊れたところを太くしたり、ビスを変えたり、接着剤を変えて、改良を重ねました。技術の壁を乗り越え、お互いに信頼関係を構築しながら、SUNだけでなくMASU、LIGHT LOUNGEも手がけました。

伝統工芸 代表取締役の服巻さん

職人集団への憧れ

雇用される側の立場だったら、心石工芸に雇ってもらいたいですよ。実は、私たち伝統工芸は心石工芸を目標にしているところがあります。まさに職人集団のような組織に、憧れすらもっています。

心石社長は考え方がシンプルです。他の経営者と違って、数字を突き詰めたり、何か見えない脅威に身構えることがあまりないように思います。何事にも、いつも自然体で向き合っているから、そのときどきにあった適切な判断ができるのかなと思っています。

とんでもない依頼に、楽しみながら挑みたい

これからも今まで同様に、パートナーとして良い関係でいたいと思っています。心のどこかで、そろそろまたとんでもない依頼が来ないかなと思っていますね。助けてもらったことも多いので、1つずつ恩返しもしたいです。引き続き、新しい課題に挑戦し、楽しみながら成長したいです。

工場内で作業する職人

仕入れパートナーの紹介

ページトップへ戻る