LEATHER

– 革へのこだわり –

革の種類

革は鞣し方や仕上げ方法などによるつくり方によって、革の表情やお手入れ方法が変わってきます。あなたらしい革をお選び下さい。

特徴の比較

革の特性 使用中の変化
種類 キズ 色ブレ お手入れ 色あせ 汚れ 爪痕
ヴォーノ 3 3 必要 3 3 3
ジーンズ 4 3 必要 3 3 3
KW 5 5 必要 4 4 5
ヌメ革 5 3 必要 2 5 2
SS 4 5 必要 5 4 4
MY 4 1 不要 1 1 1
MS 4 1 不要 1 1 1
評価 5:あり 4:ややあり 3:普通 2:あまりなし 1:なし -

仕上げ

染料仕上げ

塗装せず染料で色を付けた革です。(一般的にアニリン仕上げと呼ばれています。)素肌に近いため、革に本来ある傷やシミは残っていますが、革らしい肌触りや風合いの変化を楽しむことができます。

汚れ(シミ・黒ずみ)

飲み物を溢すと、跡がつきます。手や素肌が触れる部分は、手垢で汚れていきます。

汚れ(シミ・黒ずみ) 汚れ(シミ・黒ずみ)
爪痕

塗装膜がないため、爪などによる引っかき傷がつきます。引っかくと革の繊維が毛羽立って白く目立ちますが、使ううちに目立ちにくくなります。

爪痕
色あせ

紫外線に当たることで、色(染料)が抜けて色褪せていきます。窓から離れた部屋の奥では、色褪せも起こりにくいです。

色あせ 色あせ
色移り

濡れた状態では染料が滲み出やすくなり、服に色が移る可能 性があります。

色移り 色移り
色ブレ

染料仕上げの革は色ブレが起こります。 人の肌と同じように、牛の肌もコンディションは様々で、染まり具合が違います。また、ロットによっても色がブレます。

色ブレ 色ブレ
お手入れ

半年~1年に1度、メンテナンスオイルを塗って下さい。使っていくうちに革の油分が抜け、革が痛みやすくなります。オイルを補給することで、より長く使ってもらえます。

お手入れ
ケア用品の販売はこちら

顔料仕上げ

顔料を表面に塗装した革のことです。表面の塗膜の厚みにもよりますが、汚れや傷はつきにくく、色褪せもしにくいです。メンテナンスも簡単です。反面、染料仕上げと比べ、革本来の風合いや肌触りは劣ります。

汚れ(黒ずみ)

手垢などの汚れは、硬く水を絞ったタオルで水拭すれば取ることができます。(しつこい汚れの場合、中性洗剤を使用してください。)

汚れ(黒ずみ)
経年変化

表面のウレタン塗装は、長期間の使用によって劣化しひび割れてきます。そうしたら張替えの時期です。

経年変化
お手入れ

日常のお手入れ方法は乾拭きのみで充分です。

お手入れ
ケア用品の販売はこちら

フルグレインレザー

「フルグレインレザー」とは革の表面=銀面がある革のことです。革の繊維構造の中で一番丈夫な「銀面」を残すことで、より耐久性の高い革に仕上がります。表面を削っていないため、革らしい質感と表情があります。革が本来持っている。生前のキズやシミなどナチュラルマークがそのまま表面に残っています。耐久性に問題なければ、そのまま使用します。

SELECTED

KOKOROISHIのこだわり
ページトップへ戻る