MAINTENANCE

– メンテナンス –

LEATHER

革のお手入れ

当社の革は大きく分けて2種類あります。表面に「塗装膜があるもの」と「塗装膜がないもの」です。それによってメンテナンス方法が違います。

【塗装膜があるもの/顔料仕上げ革】

革:MY・MS

基本的には乾拭きです。手垢などは蒸しタオルで軽く拭けば取れます。それでも落ちない汚れを落とそうとすると、革を保護している塗装膜が傷んでしまい、耐久性を落とすことになります。市販のクリームやクリーナーは使用しないでください。

【塗装膜のないもの/染料仕上げ革】

革:ヴォーノ・ジーンズ・KW・ヌメ革・SS

革の表面である「銀」は油分が適度にあることで耐久性を保っています。年に1-2回メンテナンスオイルを塗ることで耐久性を維持する事ができます。 それに加えて、メンテナンスキットである程度の汚れを防ぐことができますが、完全に防ぐことは出来ません。 使用方法は動画をご覧下さい。

ケア用品の販売はこちら
「マルセイユ石鹸」はオリーブオイルが入っているので革との相性が良いです。

FABRIC

布のお手入れ
  • 【カバーリングタイプ】

    基本的にはクリーニング屋さんに依頼してください。(水洗いすると縮んでしまいます。縮んだ生地はもとに戻せないのでご注意下さい。) また、水洗い可能な生地も取り扱っています。詳しくは店舗にお問い合わせください。

  • 【張り込みタイプ】

    ソファのデザインによっては、カバーを外すことが出来ません。その場合は、汚れを防ぐために防水スプレーが効果があります。汚れてしまった場合にはドクターベックマンをおすすめしています。

  • 【色落ちについて】

    天然素材を使用しているため、色落ちや紫外線による色の変化を防ぐことはできません。直射日光を避け、窓から離れた場所に置くことで軽減されます。

CUSHION

クッションのお手入れ

当社のクッションには、フェザー、ポリエステル綿、この2つを混ぜたものの3つのタイプが有ります。 全てのタイプで、時々クッション中材の偏りを直すように、もみほぐしてやってください。 そうすることで、クッションのヘタリを防ぎ耐久年数を延ばす事ができます。 特にポリエステル綿は、偏ったまま使用し続けることで、綿が固まってしまいます。そうなると、中袋を交換することになります。

WOOD

木部のお手入れ

【オイル仕上げ】

この場合は、水などが付くことで染みになりますので、濡れてしまった場合は乾く前に濡れたタオルで周囲も湿らせてください。そうすることで、染みになるのを防ぐことが出来ます。また、傷が目立つ場合は、サンドペーパーで表面を削った後に、オイルを塗ることで傷を目立たなくさせることが出来ます。

  • 輪染み
  • サンドペーパー
  • ワックス
  • 環境により変形、割れる場合があります。また、天然素材のため、木目や節の違いがあります。

【ウレタン塗装仕上げ】

塗装膜が汚れや経年変化から木を守りますので、基本的にメンテナンスは不要です。十数年経つと塗装膜が割れ、工場に戻しての修理となります。

レッツゴー!メンテナンス隊

MORE

ページトップへ戻る