大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった

MAINTENANCELIMA

  • 3P
  • ヌメ革

4年ほど前に、LIMA(リマ)ソファをヌメ革でご購入いただいたTさま宅に、ソファの様子を見に伺いました。 ご結婚されて荷物が増えたとのことでしたが、相変わらずスタイリッシュにまとまって、カッコいいお部屋です。
大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

ちょっと汚しちゃったと言われてましたが、オットマンや背裏に少しシミがある程度でした。 手垢もほとんど付いておらず、きれいに丁寧に使ってもらっている様子が分かります。 大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

これらの汚れは、付いてから時間が経ってしまっていて、染み込んだり固まったりしています。 大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

背裏側は大きな窓に面しているので、色褪せて白っぽくなっています。 カサカサして、革の油分も不足しているようでした。 大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

先ずは水拭きから。 硬く絞ったタオルで、全体を軽く拭いていきます。 見た目はきれいなようでも、表面には汚れがついているので、メンテナンス前には水拭きがオススメです。

ヌメ革は水分を吸い込みやすいので、色が変わっていきます。 傍で見ていた、Tさんの奥さんの顔色がちょっと青ざめてきましたが、時間が経てば元の色に戻りますのでご安心ください。 大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

固まっている汚れの箇所は、水拭き回数を多くしましたが、この汚れは固まったままで、目立ちにくくすることもできませんでした。 汚れたら、なるべく早く対処するのが良さそうです. 大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

水拭きして、10分ほど乾かすと、元の色に戻りました。 大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

次に、マルセイユ石鹸で洗います。 スポンジでたてた泡を、革に塗っていきます。 スポンジでゴシゴシ洗うと、水分を吸って柔らかくなった革の表面を傷めてしまいますので、あくまでも「泡」で洗うようにしていきます。 大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

そして、すぐにタオルでその泡を拭き取ります。 分かりにくいのですが、タオルが汚れを吸い取っています。 キレイなようでも、汚れているのだと実感しました。 大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

全体を洗い終わったところです。 泡で洗うのと、その泡をすぐに拭き取るので、濡れた革もすぐに乾いてきました。 大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

本当は半日ほど乾かしてから塗りたいのですが、今回は時間がないので、すぐにメンテナンスオイルを塗らせてもらいました。 大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

オイルを塗ったところは、革の色が濃くなって、美味しく焼けたパンのようになりました。 大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

タオルに馴染ませたオイルを、薄く塗り伸ばすのが、ムラにならないコツです。 大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

オイルを塗り終わった後で、30分ほどお茶していたら、かなり色が薄くなりました。 表面に付いていたオイルが、革の中に染み込んでいっているようです。

Tさんは、これくらいの革らしさが出ている方が好きだそうです。 これからも、時々メンテナンスしながら、自分好みに育ててやってくださいね。 大切に使っているのに、ちょっと汚してしまった、ヌメ革

集合住宅にお住まいのTさん宅に、なんとペレットストーブが!
マンションでは、煙突を出せないから無理だと思いこんでましたが、大丈夫だそうです。 サッシを少し開けて、そこに煙突を出せる扉をはめ込んでいます。 マンションの理事会にも承認を得ているそうで、ペレットストーブなら設置できるそうです。 エアコンや石油ファンヒーターとは違い、薪ストーブに近い暖かさが心地よいです。

参考までに、こちらで施工されたとのこと。
東京ストーブ 
ペレットストーブの燃料は木で、環境への負担は少ないです。 それに、そんなに手間もかからないので、相談されてみてはいかがでしょうか?

文章・写真:心石

ソファ

SOFAS

ショップ

IN-STORE

ja日本語