REVIEWS

- お客様の声 -

亡くなった父の思い出のソファの張替え、心地よい座り心地

KW21
東京都在住 N様 張替えソファ(#KW21)

オイルレザーのソファを使ってみていかがですか?

普段は普通に座ったり、その上でうとうとしています。年始めに甥と姪が押し寄せて、ソファがジャングルジムがわりになってました。

どうして張替えようと思ったのですか?

亡くなった父の思い出のソファだからです。張り切って家族のために家を建てて、新しい応接間のためにソファを買った父親の30年前の気持ちがそのまんま再生されたみたいに感じます。

張替えをしてみていかがでしたか?

お願いして本当によかったと思っています。張替える前とこんなに違うのか!と思う程、座り心地がよいです。

KOKOROISHIをどのように知りましたか?

ネットで「見つけた!」です。

やりとりに不安はありませんでしたか?

ありませんでしたよ。相談から注文からソファが届くまでとても気持ちよく対応していただきました。ありがとうございます。

最初、張替えのお見積り依頼をいただいた時には、張替えるよりも買い換える方が良いのではないかな、と思いましたが、N様の「父との思い出を大切にしたい」という想いが、私達の「愛着を持って永く使ってほしい」という考えとピッタリ合った気がしました。

届いたソファの修理を始めると、実際に継続使用出来るのは木枠だけでしたが、N様の期待に応えるべく、原型に出来るだけ近い仕上がりを目指しました。

元々は茶色の革張りでしたが、キャメル色(#KW-21)を選ばれたので、雰囲気がガラリと変わりました。仕上がったソファをお届けした後、仕上がりに満足していただいたのと、大切に使っているご様子を連絡いただいたことで、私達にとってもやりがいのある仕事となりました。どうもありがとうございました。

張り替え前は、茶色の革張りでした。座や肘の部分の革がかなり傷んできています。たくさん座っていらっしゃるようで、家族の歴史が感じられる思い出いっぱいのソファです。

張替えの場合、初めにソファの中の状態を見ます。使える素材はそのまま使います。

継続使用できるのは木枠だけでした。とっても丈夫に作ってあります。

同じ色で、クアトロ550/550を合わせました。ちょっと足をのばして座るときに活躍しています。

ページトップへ戻る
ja日本語
en_USEnglish ja日本語