REVIEWS

- お客様の声 -
PARASSO

経年変化する和紙のソファ

88*60オットマン,シェーズロング,和紙#2
日本の気候に合う、和紙(WASHI)のソファ_PARASSO(パラッソ)

吹き抜けの天井に、大きな窓から柔らかい日差しが入る気持ちの良いリビング。そんな場所に、PARASSO(パラッソ)シェーズロングとオットマンをお届けしました。

ボリューム感を抑えたソファ

探していたソファは高さが「低い」タイプ。ダイニングからテレビを見たときに、ソファが低いほうがいこと、レイアウトを変えキッチンを背にソファを置いた時に、圧迫感が少ないほうが良いなということでした。

日本の気候に合う、和紙(WASHI)のソファ_PARASSO(パラッソ)

価格と品質のバランス

「他にも気に入ったソファはあったけど、価格が予想以上に高くて。その点、予算内だったこと、気に入ったカタチに国産だったことも購入の決め手でした。」とおっしゃっていました。

日本の気候に合う、和紙(WASHI)のソファ_PARASSO(パラッソ)

Dさんのお仕事は「伝統技術ディレクター」という、伝統工芸品の作り手とデザイナーをつなぐ役割をしています。伝統工芸の昔からある素材や変化している新しい技術を使って、デザイナーやその先のお客さんと新しいものづくりを生み出しています。

日本の気候に合う、和紙(WASHI)のソファ_PARASSO(パラッソ)

ものづくりの現場(工房)に行くことが多いDさんにとって、作り手から買うということは自然な流れでした。
「国内にも良いものはたくさんある。買うなら、国産がいい。」と言われたのも納得です。

日本の気候に合う、和紙(WASHI)のソファ_PARASSO(パラッソ)

仕事でものづくりに深く関わっている方に、気に入ってご自宅用に購入いただけるのはとても嬉しいです。

変化していく和紙の姿を楽しみたい

選んだ張地は「和紙」です。使っていくうちに、シワや色落ちがしますが、それがいい風合いになります。

日本の気候に合う、和紙(WASHI)のソファ_PARASSO(パラッソ)

和紙はソファに仕上げると、見た目がカリッとしていてとても綺麗です。和紙と綿で作られているこの生地は丈夫ですし、布特有の、使っていくとへたり、クタッとした感じがあまり出ないことも特徴の一つです。
普段から、自然な風合いを身近に感じているからこそ、選ばれた素材だなと思いました。

日本の気候に合う、和紙(WASHI)のソファ_PARASSO(パラッソ)

家の中には仕事先で買い集めた、気に入ったものばかり。

日本の気候に合う、和紙(WASHI)のソファ_PARASSO(パラッソ)

そんな場所に、ソファが新しく仲間入りできました。Dさんの安らぐ場所にソファが活躍してくれると思っています。末永くご愛用ください。

日本の気候に合う、和紙(WASHI)のソファ_PARASSO(パラッソ)
<綿や麻のクッションもお気に入りのアイテム>

写真・文章:兼田

PARASSO

あなたとペットがくつろげる居場所に

しっとりと柔らかいちょうどいい硬さのソファです。少し深い65cmの奥行きはあぐらをかいたり、横になってくつろげる広さです。猫や犬が肘にちょこんと座ったり、背もたれに登ったり。ソファの下に潜って遊ぶ。小型犬でもステップを使えば自分でソファの座面に上がることができます。リビングがあなたとペットの憩いの場になるよう作りました。

詳細を見る
PARASSO・KOKOROISHIソファ
PARASSO・KOKOROISHIソファ
PARASSO・KOKOROISHIソファ
PARASSO・KOKOROISHIソファ
PARASSO・KOKOROISHIソファ

PARASSO

レビュー/メンテナンス

OTHERS

その他
お客様の声一覧はこちら
ページトップへ戻る
ja日本語
en_USEnglish ja日本語