REVIEWS

- お客様の声 -
HILL

家族の時間、アイランドソファ

198カウチ,98片肘,ルナ#バーク,別注198カウチ
アイランドソファ、島ソファ_HILL(ヒル)

ソファをお届けし1ヶ月。Nさん宅へ取材のためお邪魔しました。納品時から変わらない姿で、ソファが「離れ小島」のように、そこにあります。とても珍しいレイアウトです。

アイランドソファにした理由

ソファが、島のように孤立してあることから、アイランドソファと呼ばれます。
こちらのレイアウト、Nさんからのご希望で制作しました。

アイランドソファ、島ソファ_HILL(ヒル)

組み合わせたのは198カウチと別注98カウチと、98アームレスです。この組み合わせで、全体のサイズが198cm☓198cm正方形になります。
198カウチの奥行きに合わせて、2脚を追加したというカタチです。

基本的にはアイランド型として使っていますが、来客があったときは、レイアウトを変更し、L字ソファとして使用されているそうです。

気に入ったソファがサイズオーダーができること

元々、アイランドソファで探していたわけではなく、以前使っていたソファより、奥行きを深くしたい、というのがご希望でした。

アイランドソファ、島ソファ_HILL(ヒル)

以前使っていたソファは奥行きが狭く、いつも、中学生の息子さんが上にだらっと座ると、誰も座れなくなってしまったそうです。
家族で、どのサイズが適正か検証した結果、私達家族には80cmの奥行きのソファが必要というところが始まりだそうです。

ご夫婦で、何件もの家具屋さんに行き、数え切れないほどのソファを見たNさん。
その中でも、希望に近い奥行きがある、自分たちが目指すサイズオーダーができる、そして、丁度いい硬さも選べることがHILLソファに決めた理由でした。

サイズが決まれば、より使いやすいようなカタチに。

アイランドソファ、島ソファ_HILL(ヒル)

この、囲われているソファの角がかけているのは、出入りするときに、通りかいがしやすいため。TVもこちらのほうが見えやすいです。

あえて、TV側をアームレスにしなかったのは、角が3箇所欲しかったから。角が合ったほうがくつろぎやすいですし、何よりも、カドッコにすっぽりはまってくつろげるのがHILLのベストポディションですね。

アイランドソファ、島ソファ_HILL(ヒル)

会話ができる、丁度いい距離感

Nさん家族は、高校生の娘さんと中学生の息子さんの4人暮らしです。
「ソファが来て、この場所で過ごす時間がとても長くなった」とおっしゃっていました。

アイランドソファ、島ソファ_HILL(ヒル)

家族でよくボードゲームをしているそうです。座面が広くて、フラット、沈み込まない柔らかさがベストなのだとか。

アイランドソファ、島ソファ_HILL(ヒル)

「ソファに座り、同じ空間にいると、こどもたちのとコミュニケーションを取りやすくなりました。会話ができる、丁度いい距離感。それができている気がします。」とおっしゃるNさん。

居心地がいい場所は、人それぞれだそうです。

アイランドソファ、島ソファ_HILL(ヒル)

なぜか娘さんは、ソファの肘の上に猫のようにゴロッとしているのだとか。不安定な場所だと思いますが、娘さんにとってどうやら心地良そうです。

クッションの使い方も人それぞれ。大きなクッションや、小さなクッションが背当てや膝の上に置いて活躍中だとのこと。

アイランドソファ、島ソファ_HILL(ヒル)

ソファと張地を揃えたダイニングチェア。インテリアの統一感が増しました。

アイランドソファ、島ソファ_HILL(ヒル)
<張地を揃えたダイニングチェア。メーカ:AD CORE>

家族との時間がこれからも充実しますように。どうぞ、末永くご愛用ください。

写真・文章:兼田

HILL

大地のように広く、丘のように低く

家族でピクニックにきているように、家族みんなでゴロゴロとくつろぐ。そんな景色を自宅のリビングでも。 スタイリッシュな見た目と、リラックスできる機能とを兼ね備えている。 お部屋の中央に置かれることの多いソファは、空間を仕切らない実用的な低さが大切。

HIBIKI・KOKOROISHIソファ
HIBIKI・KOKOROISHIソファ
HIBIKI・KOKOROISHIソファ
HIBIKI・KOKOROISHIソファ
HIBIKI・KOKOROISHIソファ

HILL

レビュー/メンテナンス
ページトップへ戻る
ja日本語
en_USEnglish ja日本語