About us

– わたしたちの紹介 –

心石工芸の沿革とソファ

応接セットの時代

自宅を建てる時には、必ずと言っていいほど玄関脇に応接間があった時代。そ の部屋に、対面式の豪華な応接セットを置くのがステイタスシンボルでした。

応接間からリビングの時代へ

家に人を招くことが減り、ライフスタイルの変化に伴って、応接間を普段使うリビングへ変える人が増えました。より寛いだ雰囲気になる、コーナーセット全盛の時代でした。

実用性とデザインが重視される時代へ

物心ついた時にはリビングにソファがあった人たちがソファを買い始めると、座り心地や耐久性、デザインの好みでソファが選ばれる時代になり、より完成度の高いソファが求められるようになりました。

使う人の価値観がソファに反映される時代

人に見せるためではなく、自分たち家族がどう過ごしたいのかが、大切にされるようになりました。モノの価値ではなく、そこで過ごす時間の価値でソファを選ぶ時代へと変わって来ました。

About Us

わたしたちの紹介

ページトップへ戻る