千葉県/K様

開放感あるリビング空間

NATURE

  • KW25
  • カウチ
  • ベンチ
NATURE(ナチュレ)オイルレザーのソファ

ナチュレソファをご納品し約7ヶ月が経過した、K様のご自宅にお伺いしました。
 

開放感あるリビング空間


NATURE(ナチュレ)オイルレザーのソファ

お部屋に入った瞬間、天井の高さ・自然光を優しく取り入れるレースカーテンが印象的でした。少し寒くなってきた事もあり、お部屋の中心にはアラジンのヒーターが配置されています。

寛ぎの時間を過ごすソファ


NATURE(ナチュレ)オイルレザーのソファ

K様が選ばれたNATURE(ナチュレ)は、広い座面と座った瞬間バフっと感じる柔らかい座り心地が特徴。
当初は、弾力性のある座面でシンプルなフォルムが特徴のLIMA(リマ)を検討されていました。しかし、お店で実際に座ったところ、もう少し柔らかめの座り心地が好みだと感じ、フェザーを使った柔らかい座り心地のNATUREを選ばれました。

変化を味わうオイルレザー


NATURE(ナチュレ)オイルレザーのソファ

選ばれた革は ”KW #25” 。色・風合いの変化を味合うこの革は、最も革らしさを感じることのできるレザーです。タンニン鞣しのヌメ革をベースに染色させた、耐久性の高いオイルレザー。日常の中で付いてしまう汚れや傷さえも、味わいとして革に馴染んでいきます。

NATURE(ナチュレ)オイルレザーのソファ

使用して7ヶ月ほどですが、日差しのあたる部分は少し色が抜けていました。このような色の濃淡を味わえるのも、オイルレザーの魅力です。

視界を遮らない高さ


NATURE(ナチュレ)オイルレザーのソファ

ソファの高さは64cm。リビングの中心にレイアウトされていますが、ダイニング・キッチンからテレビまでの視線を遮りません。天井高も高く開放感あるリビング空間をより良く見せるために、家具の高さ選びも重要なポイントだと実感しました。

ラウンジ空間のようなダイニング


NATURE(ナチュレ)オイルレザーのソファ

ダイニングスペースは、窓側に配置されホテルのラウンジ空間のようなレイアウト。開放感あるリビングの中でプライベート感のある空間となっています。空間の使い方にメリハリがあり、とても素敵な空間でした。

NATURE(ナチュレ)オイルレザーのソファ

お子さんも生まれたばかりというK様ご夫妻。このソファが、ご家族の寛ぎの時間をより良いものにする、そんなアイテムとなれば嬉しく思います。

NATURE(ナチュレ)オイルレザーのソファ

この度は撮影のご協力をありがとうございました。


写真・文章:藤井

ソファ

SOFAS

ショップ

IN-STORE

ja日本語