fbpx

ICHIRU

イチル

モダンに暮らし、ゆったり座る

ボリューム感あるクッションのソファを、広く開いた脚元が軽く見せ、部屋での圧迫感を軽減します。広めのカウチは一人でゆったり、お子さんとなら二人で寝転ぶこともできます。幅の広い肘に腰掛けたり、多様な使い方ができるソファには、いつも家族が集ってきます。

  • 張地(革)
  • 張地(布)
PRICE
LIST

良質な革ほど表面の仕上げが薄く、革本来のキズやシミが残っています。しっとりとした肌さわりや、使っていくうちに、革らしい風合いの変化が起こります。また、革のグレインと呼ばれる、革の繊維構造の中で一番丈夫な部分を残すことで、より耐久性の高い革に仕上がります。

  • WL / WT

    手に吸い付くような肌触りにスタイリッシュな色合い

  • KW

    人と一緒に変化していく「革らしさ」を楽しみたい方に

  • ヌメ

    素肌の牛革にしかない「風合いの変化」を堪能したい方に

  • KZ

    革らしい見た目でノーメンテナンスのセミアニリンレザー

  • MO

    柔らかい肌触りでノーメンテナンスのセミアニリンレザー

  • MS

    メンテナンスフリーで「コストパフォーマンス」を求める方へ

革について

布によって肌触りや織りのデザイン、色は様々です。機能的にすぐれた布もあります。あなたの暮らしに合う張地をどうぞお選び下さい。

布について

  • 安心感のある幅広い肘

    幅広い肘は肘掛けとして。幅25cmとゆっとったりとした寸法は、ほっと一息ついてしまいたくなります。内側の丸みは肘を枕にした時に、つい、うとうとしてしまう、そんな心地よさがあります。

  • 深い奥行き

    奥行きの深さは60cm。ソファの上で過ごしたり、ゆったりくつろげるサイズ感です。背クッションを移動させると、75cmの深さになり、お昼寝できる十分な広さです。

  • 背クッションを支えるバックボード

    座クッションと背もたれの間に差し込んでいるバックボード。背クッションを支えてくれるバックボードがあるおかげで、座った時にクッションが肩甲骨の辺りまで支えてくれます。

  • ブロンズメッキ仕上げの脚

    ブロンズメッキ仕上げの塗装は柔らかい印象を与えてくれます。スチール脚、脚高さ14cm(Φ26mm)です。脚は取り外し可能です。

開発物語

story

  • 見た目と座り心地

    ミラノ・サローネの展示会で見たソファがカッコ良くて、抜け感ある後ろ姿を見せたいって考え始めたのがこのソファです。 ボルスター付きのクッションを置くとどうしても、ボリュームがでてしまう。でも背クッションを支えてくれるものがないと、座り心地がでない。

  • 新しい素材に挑戦

    そんな時に、近所の工場で作っているFRP(繊維強化プラスチック)という素材を見つけました。FRPはユニットバスに使われる素材で、とにかく丈夫。その上、形状も自由自在。背骨に沿うような滑らかな曲線を作ることができました。

  • 柔らかいけどしっかりと

    柔らかいけどしっかりとしたクッションがいいんだよね。というお客様の声を聞き、背クッションの試作は何度も何度も繰り返されました。フェザーの量を増やさないと、へたりやすい。増やしてしまうと、厚みが出て座れる幅が狭くなってしまう。 そんな時、ウレタン屋さんが新しい提案をしてくれました。すごく柔らかいけどへたりにくくて、フェザーとの相性がぴったりです。新素材のウレタンとフェザーを組み合わせることで、また新しいかけ心地が生まれました。

  • ワイドカウチの楽しみ方

    最後はカウチ。奥行きの長いカウチは広いスペースが必要です。 ソファの前のスペースを広く取りたい。部屋のレイアウトを変えたい時に、お部屋の動線を気にせず変えたい。 足を投げ出した時にちょうどいい、奥行きが150cmのショートタイプを採用しました。

お客様の声

REVIEWS

おすすめ商品

RECOMMEND

  • CATORA

    カトラ

    広々とした座面で、スタイリッシュなくつろぎを

  • PURANA

    プラーナ

    忙しい日々も、穏やかな休息も、充実の毎日へ

  • ASTORIA

    アストリア

    時代を越えて残るもの

  • FINA

    フィナ

    忙しい日常から解放される、あなたの居場所

ソファ

SOFAS

ショップ

IN-STORE

ja日本語