ST-CHAIR/心石工芸とTENONのダイニングチェア

ST-CHAIRSTチェア“軽い”はあなたの味方です。

毎日使うものだから、気兼ねなく使いたい。無垢のフレームで制作した、驚くような軽いダイニングチェアです。Tチェアはアーム無しです。ST‐チェアはアーム付きになり、スタッキングできる、すぐれものです。デザイナーは迎山直樹氏(TENON)の作品です。
後ろ姿も美しく。
スタッキングは4脚まで可能です。
座面高さ380mmのST-CHAIR。
革とダイメトロールの座面。
STCHAIRはアーム付きです。
無垢の背板が支えてくれます。
ずっと触っていたくなる肘。
肘の幅は45mm。
ウォールナット材とナラ材で置い選び頂けます。
T-CHAIR/ナラ材
T-CHAIR/ナラ材
T-CHAIR/ナラ材
ST-CHAIR、T-CHAIRどちらも”籐”張りもお選びできます。
しっかりと丁寧に編み込まれた籐。
  • ST-CHAIRの特徴1

    選べる座面の高さ

    座面の高さを380mmあるいは420mmでご指定ください。H700以上のダイニングテーブルにはSH420mmを。H650のテーブルには、SH380がおすすめです。

  • ST-CHAIRの特徴2

    ずっと触っていたくなる肘

    肘は、かまぼこのような形に。丁寧に仕上げられているからこそ、ずっと触っていたくなるような、肌触りです。木の質感をいつまでも楽しめます。

MORE

  • ST-CHAIRの特徴3

    長時間座れる、座面の形状

    座面の形状は、Rになっています。座面は革とバネで構成されていて、座りやすいです。座る部分を支えてくれ、長時間座っていても疲れにくいです。

  • ST-CHAIRの特徴4

    スタッキングが可能なST-CHAIR

    元々、店舗用に開発されたST-CHAIR。4脚組み合わせても、軽いので移動も苦になりません。(スタッキングは4脚まで可能です。)

  • ST-CHAIRの特徴4

    座面は”籐”もお選びできます。

    座面の張地は革以外に籐もお選び可能です。しっかりと丁寧に編み込まれた籐。飴色に経年変化していきます。夏は涼しく、心地よく使うことができます。

  • 価格
  • サイズ
  • 張地(革)
  • ST-CHAIR

    ST-CHAIR_ST-CHAIR_
    ¥110,000¥126,500(税込)

    ST-CHAIR

    ST-CHAIR_ST-CHAIR_籐
    ¥104,500(税込)

    T-CHAIR

    T-CHAIR_T-CHAIR_
    ¥82,500¥95,700(税込)

    T-CHAIR

    T-CHAIR_T-CHAIR_籐
    ¥79,200(税込)
    「価格一覧」を見る
  • 良質な革ほど表面の仕上げが薄く、革本来のキズやシミが残っています。しっとりとした肌さわりや、使っていくうちに、革らしい風合いの変化が起こります。また、革のグレインと呼ばれる、革の繊維構造の中で一番丈夫な部分を残すことで、より耐久性の高い革に仕上がります。

    WM / WL

    手に吸い付くような肌触りにスタイリッシュな色合い

    WLWM907
    WL907
    WLWM104
    WM104
    WLWM908
    WL908
    WLWM117
    WM117
    WLWM903
    WL903
    KW

    人と一緒に変化していく「革らしさ」を楽しみたい方に

    KW21
    KW21
    KW25
    KW25
    KW36
    KW36
    KW13
    KW13
    ヌメ革

    素肌の牛革にしかない「風合いの変化」を堪能したい方に

    ヌメ革1
    ヌメ革1
    SS

    混合なめしの丈夫さと、「色褪せる様子」を楽しみたい方に

    SS325
    SS325
    SS338
    SS338
    KZ

    革らしい見た目でノーメンテナンスのセミアニリンレザー

    KZ422
    KZ422
    KZ424
    KZ424
    KZ436
    KZ436
    KZ451
    KZ451
    MO

    柔らかい肌触りでノーメンテナンスのセミアニリンレザー

    MO573
    MO573
    MO583
    MO583
    MO536
    MO536
    MO513
    MO513
    MS

    メンテナンスフリーで「コストパフォマンス」を求める方へ

    MS154
    MS154
    MS124
    MS124
    MS136
    MS136
    MS113
    MS113
    「革へのこだわり」を読む

CONTENTS

レビュー/メンテナンス
ページトップへ戻る